FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶(1)

受験生にと「覚えること」というのは切っても切り離せない関係にあります。

しかし残念ながら人間は忘れる動物です。
何もしなければ暗記したことはどんどん記憶から消されていきます。

そこで大事なのが復習です。

忘却曲線というのをご存知でしょうか?

エビングハウス氏の実験によると、記憶は20分後におよそ42%を忘れ、1時間後でおよそ56%、9時間後でおよそ64%を忘れ、その後少しゆるやかになり6日後にはおよそ76%を忘れてしまうそうです。

つまり人間は昨日覚えたことを半分以上忘れてしまっているのです。


そのため復習の時期としては一時間後に一回、次の日に一回、そして一週間後にさらに一回行うと効果的だそうです。

やることがありすぎで復習に手が回らないと思うかもしれませんが、大切なのは何をやったのかではなく何を覚えたのかということです。


まずは復習の時間を確保することを優先したほうがいいと思います。

塾などで復習として確認テストなどを時々行うのならそれを利用して復習するのも良いと思います。


↓励みになるのでよろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村
  

集中力(3)

集中力を上げるためには適切なタイミングで休憩を挟むことが大切だと言いましたが、ではどのように休憩をとるのがいいのでしょうか?

休憩だからといってテレビや漫画をみる子供は多いと思いますが、あまりおすすめ出来ません。

理由はまた記憶の話をするときにお話します。

もっとも有効な休憩方法は散歩です。脳を休ませながら足の裏を刺激するので、より脳がリフレッシュした状態になるそうです。

誰かと会話するのも良い気分転換になりますし、時間の調整もつけやすいのでおすすめです。

とりあえずは長引かないような休憩をとって欲しいと思います。

またお子さんの中にはやはりテレビを見たがる子もいるでしょう。
出来れば無理に規制はせず、その日やるべきことを終わらせたら許可しても良いと思います。

勉強は量でなく質です。
机に座っている時間が長い子が受かるのではありません。
入試で問われることが出来る子が受かるのです。


やるべきことはしっかりやり、その上で自分のしたいこともする。

時間の使い方が上手い子が合格すると思います。

集中力(2)

前回、人間の集中力は一般的に90分だと話しました。

勉強して休憩して、その後勉強を再開します。
この時、休憩する前とは別の教科を勉強することが望ましいです。

人間の脳というのは飽きやすく出来ています。

いくら休憩を挟んでも同じ教科をやり続ければ集中力が下がってしまします。

なので意識的に色々な教科を織り交ぜましょう。


出来れば、理系と文系科目を交互に混ぜたほうがさらに脳が飽きにくいと思います。

例えば英語→数学→社会という感じです。

↓励みになるのでよろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村
 

集中力(1)

季節的にはまだまだ暑い日が続きますが、夏休みも終わりいよいよ受験生は勉強が忙しくなってくる時期でしょう。

これからは勉強量もさることながら効率の良さも求められます。

今回は題名にある通り集中力について書いていこうとおもいます。

人間の集中力は一般的には90分と言われています。
90分以上休みなしで何かを続けていると集中力は格段に落ちるということです。

そのため大学の授業はたいてい90分ですし、高校までの多くの学校は子供ということを考慮して短めの50分となっています。

ちなみに一つの授業を何分で行うかは学校側に決定権があり、47分から65分の間なら何分でも良いそうです。

例えば自宅で勉強しているときいくら調子が良くても90分くらいで一度休憩を挟むほうが全体としては効率が良くなるということです。

休憩時間は30分以上とると逆に脳が休み過ぎてしまいます。

学校と同じように10分程度。一息入れるくらいがベストでしょう。

↓励みになるのでよろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村
 

悪徳業者に注意

塾や家庭教師派遣センターの中にはいわゆる【悪徳業者】が紛れています。

言葉巧みに親御さんを騙して高額な契約を交わしたり商品を買わせたりするものです。


いくつか共通点があるので書いておきます。


・ホームページが存在しない。

○○という家庭教師を派遣しているものですけど、と電話がかかってきた場合あとからパソコンでそのサイトを調べてみても存在しない場合警戒したほうが良いと思います。

また仮にホームページが存在しても料金価格を明確に示して無い場合も要注意です。

・即決をせまる。

これは塾関係に関わらず全ての悪徳業者に言えることだと思います。
仮に相手が良心的な塾や家庭教師と分かっていても、まずはしっかり資料を見たりできれば体験授業などでも実際にその場を訪れてみましょう。

・実際に訪問される

家庭教師で多いようですが、実際に無料学力テストなどと称して自宅を訪問します。たいていお子さんを同席させて話をし、お子さんをその気にさせることで親御さんが契約を断りにくくするというものです。

お子さんを同席させるのは料金など詳しく話を聞いてからのが良いでしょう。


以上、いくつかの例をお話しましたが、もし塾や家庭教師を考えているのならば有名なところに申し込むほうが安全だと思います。

すぐ契約せずにまずは冷静になって情報を集めてみましょう。
08 | 2018/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

シャック

Author:シャック
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。