スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人と派遣

家庭教師には個人と派遣の二つの場合があります。

個人とは、子供に教える経験を積んできた方が個人的に生徒を募り、その人なりの教育方針で教育をするという場合です。

実績があり、教育に熱心に取り組んでいる方が多く、なにより派遣と比べて料金が安く済みます。

問題点としてはその教師やその教師が提案する勉強法に生徒が合わなかった場合教師を変えることが出来ないということです。

一方、派遣の場合は料金は高くなるものの生徒に合った教師に変えることが可能です。
ただアルバイトの場合、個人的に家庭教師をしている方々と比べると経験が浅くなるきらいはあります。

そしてどちらにもいえることなのですが、高額の教材を買わせたり追加料金が発生するなど詐欺まがいなことをする人たちも存在します。

出来ることなら大手の会社や、料金や実績などを細かく説明している個人に依頼し、資料請求などで詳しく料金表などを確認したほうが良いでしょう。

スポンサーサイト

アルバイトとプロ

前回、家庭教師を二つのタイプに分けましたが今回は違う角度から二つに分けてみたいと思います。

アルバイトとプロです。

といっても前回の話について言えば、個人でやっている人はプロの人が多く、派遣させてくる人は大学生のアルバイトが多いのですが。

アルバイトの場合、多くは大学生です。もちろん人に教えた経験など数えるほどでしょうし、学校の成績が良い=教えるのが上手いということではないでしょう。
プロと比べると安い料金が唯一の利点と見られがちですが、他にもう一つ大きな利点があると思います。

それは生徒の目線でも見ることが出来る。ということです。
自分の苦しかった時期や受験での悩みを話すことはきっと生徒のプラスになるでしょうし、先生というよりは兄弟というような感じで生徒からも心配事を打ち明けられやすいと思います。


逆にプロは圧倒的な経験があります。
自分なりの方針や信念も持っているでしょうし、様々なトラブルにも対処してくれるでしょう。

受験業界に精通している人も多いので、大学ごとのその年の傾向も把握していると思います。


どちらにも一長一短あるわけですが、最終的には生徒の気持ちが大事だと思います。
どちらのほうがその生徒にあっているか。

そのことを良く考えて決めて欲しいです。

レベル別学習

塾でよくあることなのですが、生徒の学力によってクラスを編成するという方法があります。

利点としては教師がそのクラスのある程度の学力を把握しているわけですから、生徒の学力に沿った指導ができるとうことです。

ただ難点としては、仮にレベルの低いクラスにはいってしまった場合、周りの生徒にやる気がないことが多いということです。

僕の持論として勉強はある程度まで努力(やる気と置き換えても構いません)によって決まると思っています。

ある程度までとは、例えばいわゆる難関国公立(東大、京大など)は勉強の効率、その人のもつある種のセンスにも左右されてしまうと言わざるをえない部分があります。

ただ定期テストくらいなら間違いなく点数を決めるのは、その範囲をやったかどうか。つまりやる気があるかどうかです。


前置きが長くなりましたが、僕の言いたいことは

残念ながらレベルの低いクラスにはやる気がない生徒が多い

例外はもちろんあります。そしてこの発言に教育道徳的観点からの反論もあるでしょう。

ですがほぼ間違いなくこれは事実だと思っています。


そしてやる気がないということはいわゆる競争原理が働かないということなのです。

このことは学生の勉強にとって大きな影響を及ぼします。
有名進学校が進学校である所以は周りの友人がやっているから自分もやらなければと考えるからだそうです。

競争原理が働かないような集団に入れるくらいなら個別の塾や家庭教師で基礎からしっかり教わるほうが良いのかもしれません。


もし塾に入れることを考えている親御さんがいるなら参考にしていただきたいと思います。

悪徳業者に注意

塾や家庭教師派遣センターの中にはいわゆる【悪徳業者】が紛れています。

言葉巧みに親御さんを騙して高額な契約を交わしたり商品を買わせたりするものです。


いくつか共通点があるので書いておきます。


・ホームページが存在しない。

○○という家庭教師を派遣しているものですけど、と電話がかかってきた場合あとからパソコンでそのサイトを調べてみても存在しない場合警戒したほうが良いと思います。

また仮にホームページが存在しても料金価格を明確に示して無い場合も要注意です。

・即決をせまる。

これは塾関係に関わらず全ての悪徳業者に言えることだと思います。
仮に相手が良心的な塾や家庭教師と分かっていても、まずはしっかり資料を見たりできれば体験授業などでも実際にその場を訪れてみましょう。

・実際に訪問される

家庭教師で多いようですが、実際に無料学力テストなどと称して自宅を訪問します。たいていお子さんを同席させて話をし、お子さんをその気にさせることで親御さんが契約を断りにくくするというものです。

お子さんを同席させるのは料金など詳しく話を聞いてからのが良いでしょう。


以上、いくつかの例をお話しましたが、もし塾や家庭教師を考えているのならば有名なところに申し込むほうが安全だと思います。

すぐ契約せずにまずは冷静になって情報を集めてみましょう。
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

シャック

Author:シャック
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。