スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続けさせる

ご両親の心構えについて思ったことを書いていこうと思います。

まずは続けさせる

以前にも書きましたが、新しい塾に通わせても、新しい家庭教師を雇っても成績として表れるまでには時間がかかります。
塾に通わせたり、家庭教師をはじめようと思っていらっしゃる家庭は少なからず自分の子供の成績が不安あり、焦りもあると思いますがまずは自分が決めた塾なり家庭教師を続けてみて下さい。

仮にすぐ別のところに変えたりするならば子供も混乱しますし、下手したら自分のせいだと責任を感じてしまうかもしれません。

故に塾、家庭教師選びは慎重になって欲しいのです。

とりあえず、ご両親は子供の前では自信たっぷりに「自分の判断に間違いはない」という感じで振舞って下さい。

子供もその姿を見れば、今の塾や家庭教師を信頼しさらなる効果も望めるでしょう。
スポンサーサイト

自分も何かをする


勉強とは苦痛なものです。特に小、中学生は周りにそこまで勉強に力を注いでない家庭も多いと思います。

そのため子供も、遊んでいる友達を横目に塾へ通うなんてことも少なくないようです。


といっても小学生は親に喜んでもらうのが自分の一番の喜びだと考える子も多く、僕の担当する生徒もテストで頑張るのは満点を取ると両親がほめてくれるからと言っています。

しかしながら中学生となり反抗期を迎えるとそうは言っていられません。

僕自身も経験があるのですがやたら「なんで自分だけ」という心理が働きます。今から勉強することの優位性、子供の将来を思ってのことだいうことを説明しても基本聞く耳を持ちません。

むしろ押し付けがましいと感じることさえあります。

そこで一つの方法として、両親も習い事をはじめるというのはどうでしょうか。


子供に勉強を強制するのでなく、自分も子供と一緒にスキルアップを目指す。


なんだかんだ子供は親を愛しています。
自分と一緒に頑張る両親の姿を見せれば、勉強のほう力を入れだすのではないでしょうか。

音楽

ここからは数回、ご両親向けの資格や講座を紹介していきたいと思います。

EYS音楽教室


音楽教室です。大きな特徴として楽器が無料でレンタルできるということがあります。

月謝は月1万円程度、初心者コース、中級者コースなどに分かれていて、音楽経験のある人はもちろん、未経験者の方へのサービスも行き届いています。

無料体験レッスンもやっているので一度覗いてみてはいかがでしょうか。

TOEIC


僕がもっともお奨めするものの一つは、親御さんも子供と一緒に勉強することです。

といってもある程度に時間に余裕のある方に限られますし、逆に勉強しなかったら自分の怠惰が子供に分かってしまいます。

ある程度一日に時間を取れ、子供と一緒なら自分も頑張れるという方は是非実践して欲しいです。

といっても受験勉強の場合、実際受検するわけにはいきませんから、目標が定めにくいと思います。


そこでTOEICはどうでしょうか?

英語の勉強なら子供に教えることもできますし、反対に子供から教えてもらうことも可能です。

子供にとっても自分の両親が努力しているということが分かりやすいと思います。


ちなみに勉強の仕方が分からない、何を勉強すればいいの?という人は

1年でTOEIC 900の秘訣


などがあります。

正統派と銘打っているだけあり全国から大きな支持を受け信頼できます。

また受検英語、英検にも応用できる点は魅力的です。

TOEIC(2)

前回話したTOEICにもう一つ紹介させていただきます。

分かる! 解ける! 英文法!


英語の文法ですら記憶が曖昧だ、基礎から学びなおしたいという人にお勧めです。

文法という観点からTOEICを攻略し、「一年間で900点」をキャッチフレーズをしています。


ただの丸暗記に頼るのではく、根本からの理解に重点を置いた勉強法が特徴です。
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

シャック

Author:シャック
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。